提案
HOME > 提案一覧 > ロストワックス

提案

ロストワックス

完成品に近い形状 ニアネットシェイプ

機械加工に比較して端面形状、薄肉等、設計的な自由度が向上します。
砂型鋳造に比較し寸法精度の高い素材を提供出来ます。


部品の一体化

数種類の素材を組み合わせで製作していた部品を簡単に一体化が図れる為、
加工方法の制限を考えず、自由な設計が可能となります。


ダイキャスト法では不向きな複雑な形状ができ、金型の抜き勾配を必要とせずに
製作ができるので、精度の高い一体部品を提供できます。


表面粗さの優位性

砂型鋳物に比較して、表面粗さが良い鋳造品を得る事が出来る為、
バレルやバフ研磨により鏡面に近い状態まで容易に仕上げる事が可能です。


金属材料の優位性

機械加工が困難な硬度が高いものや割れやすいもの、粘りのある金属材料を鋳造できます。
圧延品や鋳造品などのように圧力が加えられていないので、材料強度の方向性を発生させません。


金型の寿命

ワックスが相手の為、金型の磨耗が少なく、金型の寿命は半永久的です。


その他の提案

GO TOP