ロストワックス
HOME > ロストワックス > 利用できる材質

ロストワックス −精密鋳造とは?−

1. 利用できる材質

材質を自由に選択することができます

ロストワックス法は鋳込む金属に制限がありません。硬度の高いものや、ねばりのあるものなど、機械加工が難しい材質でも容易に製作できます。


製作可能な材質

この表ではほんの一部の材質しか紹介していませんので、お気軽にご相談ください。


機械構造用鋼
種類 相当規格
( )は圧延材規格の記号
JIS AISI又はSAE
炭素鋼 (S15C) (1015)  
(S50C) -1049  
低合金鋼 (SCr445) -5147  
(SCM440) -4140 AMS5338
(SCM415) -4115  
(SNCM439) -4340 AMS5330
(SNCM220) (8620) AMS5333
(SNCM420) (4320)  

ステンレス鋼
種類 相当規格
( )は圧延材規格の記号
JIS AISI又はSAE
オーステナイト系 SCS13
(SUS304)
(304) ACI CF-8
SCS14
(SCS316)
(316) ACI CF-8M
SCS16
(SUS316L)
(316L) ACI CF-3M
(SUS303) (303)  
オーステナイト
フェライト系
SCS10
(SUS329J3L)
(S31803)  
SCS11
(SUS329J1)
(329)  
フェライト系 (SUS430F)    
マルテンサイト系 SCS1
(SUS410)
(410) ACI CA15
SCS2
(SUS420J1)
(420) ACI CA40
SCS2A
(SUS420J2)
(420) ACI CA40
(SUS440C) (440C) AMS5352
(SUH3)    
析出硬化系 SCS24
(SUS630)
(S17400) AMS5355
(17-4PH)

特殊合金
種類 相当規格
( )は圧延材規格の記号
JIS AISI又はSAE
電磁気材     AMS5210
     
工具鋼 (SUJ2) (52100)  
(SKS3)    
(SKD1) (D3)  
(SKD11) (D2)  
(SKD61) (H13)  
耐熱鋼 SCH12   ACI-HF
SCH20   ACI-HU

GO TOP